First Draft - The Wild Pear

This classic children's story by Miyazawa Kenji was first published in the newspaper Iwate Mainichi Shimbun in 1923. This simple but cryptic story about a couple of crabs has the been the subject of much debate and analysis by academics.

Listen to a reading of Yamanashi (The Wild Pear) in Japanese on audible.com for the duration of the pandemic.

1 2

やまなし

宮沢賢治

The Wild Pear

Miyazawa Kenji

小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈《げんとう》です。

Two blue magic lantern slides illustrate the bottom of a small mountain stream.

一、五月

二|疋《ひき》の蟹《かに》の子供らが青じろい水の底で話していました。

『クラムボンはわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

『クラムボンは跳《は》ねてわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

上の方や横の方は、青くくらく鋼《はがね》のように見えます。そのなめらかな天井《てんじょう》を、つぶつぶ暗い泡《あわ》が流れて行きます。

『クラムボンはわらっていたよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

『それならなぜクラムボンはわらったの。』

『知らない。』

1. May

Two crab children were having a conversation at the bottom of a stream of blue water.

"I say Crambon laughed."

"I say Crambon chuckled."

"Crambon jumped up and laughed."

"Crambon chuckled."

The area above and to the side of them looked like darkened blue steel. Dark bubble blobs flowed up to that smooth sky.

"Crambon was laughing."

"Crambon chuckled."

"But why did Crambon laugh?"

"I don't know."

 つぶつぶ泡が流れて行きます。蟹の子供らもぽっぽっぽっとつづけて五六|粒《つぶ》泡を吐《は》きました。それはゆれながら水銀のように光って斜《なな》めに上の方へのぼって行きました。

つうと銀のいろの腹をひるがえして、一疋の魚が頭の上を過ぎて行きました。

Bubble blobs floated away. The crab children puffed and puffed to blow five or six bubbles. As the bubbles bobbed up and down, light like mercury shined down at a slant from above.

Out of nowhere, a silver-colored belly floated by as a fish passed over their heads.

『クラムボンは死んだよ。』

『クラムボンは殺されたよ。』

『クラムボンは死んでしまったよ………。』

『殺されたよ。』

『それならなぜ殺された。』

兄さんの蟹は、その右側の四本の脚《あし》の中の二本を、弟の平べったい頭にのせながら云《い》いました。

『わからない。』

魚がまたツウと戻《もど》って下流のほうへ行きました。

『クラムボンはわらったよ。』

『わらった。』

"Crambon died."

"Crambon was killed."

"Too bad Crambon died.…"

"He was murdered."

"Why was he killed?"

"I don't know," said the big brother crab as he placed two of the four legs on his right side on his little brother's flat forehead.

The fish quickly returned swimming downstream.

"Crambon laughed."

"He laughed."



 にわかにパッと明るくなり、日光の黄金《きん》は夢《ゆめ》のように水の中に降って来ました。

波から来る光の網《あみ》が、底の白い磐《いわ》の上で美しくゆらゆらのびたりちぢんだりしました。泡や小さなごみからはまっすぐな影《かげ》の棒が、斜めに水の中に並《なら》んで立ちました。

魚がこんどはそこら中の黄金《きん》の光をまるっきりくちゃくちゃにしておまけに自分は鉄いろに変に底びかりして、又《また》上流《かみ》の方へのぼりました。

『お魚はなぜああ行ったり来たりするの。』

弟の蟹がまぶしそうに眼《め》を動かしながらたずねました。

『何か悪いことをしてるんだよとってるんだよ。』

『とってるの。』

『うん。』

In an instant, everything was bright. Golden sunlight glowed down in the water as in a dream.

A network of light coming from the waves rippled out beautifully on white rocks on the bottom of the stream. Stick shadows of bubbles or small pieces of garbage lined up in the water at a slant.

This time, a fish broke the golden light into slivers and took on a strange metallic luster as it rode the currents upstream.

"Why is the fish going back and forth like that?" asked the little brother crab looking all around with dazzled eyes.

"It's doing something bad. It's caught."

"Caught."

"Yup."


 そのお魚がまた上流《かみ》から戻って来ました。今度はゆっくり落ちついて、ひれも尾《お》も動かさずただ水にだけ流されながらお口を環《わ》のように円くしてやって来ました。その影は黒くしずかに底の光の網の上をすべりました。

『お魚は……。』

その時です。俄《にわか》に天井に白い泡がたって、青びかりのまるでぎらぎらする鉄砲弾《てっぽうだま》のようなものが、いきなり飛込《とびこ》んで来ました。

兄さんの蟹ははっきりとその青いもののさきがコンパスのように黒く尖《とが》っているのも見ました。と思ううちに、魚の白い腹がぎらっと光って一ぺんひるがえり、上の方へのぼったようでしたが、それっきりもう青いものも魚のかたちも見えず光の黄金《きん》の網はゆらゆらゆれ、泡はつぶつぶ流れました。

二疋はまるで声も出ず居すくまってしまいました。

The fish returned again from upstream. This time, it slowly dropped down. The fish's tail and fins did not move. It was moved only by the water flow. The fish rounded its mouth like a bowl as it came. The fish's black shadow quietly slid over the light network on the bottom of the stream.

"The fish …"

A white bubble suddenly formed in the sky like a blazing blue bullet and came flying in.

At that moment, big brother crab saw the tip of the blue object sharpen to a black point like a compass. As he was thinking, the fish's white belly flashed light and, in an instant, floated up. Now, he could no longer see the shapes of the blue object and the fish. The golden network of light jiggled, and bubble blobs floated by.

The two crabs could not speak and crouched down.

 お父さんの蟹が出て来ました。

『どうしたい。ぶるぶるふるえているじゃないか。』

『お父さん、いまおかしなものが来たよ。』

『どんなもんだ。』

『青くてね、光るんだよ。はじがこんなに黒く尖ってるの。それが来たらお魚が上へのぼって行ったよ。』

『そいつの眼が赤かったかい。』

『わからない。』

『ふうん。しかし、そいつは鳥だよ。かわせみと云うんだ。大丈夫《だいじょうぶ》だ、安心しろ。おれたちはかまわないんだから。』

『お父さん、お魚はどこへ行ったの。』

『魚かい。魚はこわい所へ行った』

『こわいよ、お父さん。』

『いいいい、大丈夫だ。心配するな。そら、樺《かば》の花が流れて来た。ごらん、きれいだろう。』

泡と一緒《いっしょ》に、白い樺の花びらが天井をたくさんすべって来ました。 『こわいよ、お父さん。』弟の蟹も云いました。

光の網はゆらゆら、のびたりちぢんだり、花びらの影はしずかに砂をすべりました。

Daddy crab came out.

"What's wrong? Why are you guys shaking?"

"Daddy, a strange thing just came here."

"What was it?"

"It was a blue light. The end was black and pointy like this. When it came, the fish went up to the top."

"Was the fish's eye red?"

"I don't know."

"Hmm. That was a bird. It's called a kingfisher. Don't worry. You're safe. It doesn't bother us."

"Daddy, where did the fish go?"

"The fish? He went to a scary place."

"I'm afraid, Daddy."

"It's all right. Don't worry. Hey, birch flowers are floating this way. Look, isn't that pretty?"

Many white petals of birch flowers were sliding their way with bubbles along the sky.

"I'm scared, Daddy," said baby brother crab.

The light network shimmered and spread out. The shadows of the flower petals silently slid over the sand.

二、十二月

蟹の子供らはもうよほど大きくなり、底の景色も夏から秋の間にすっかり変りました。

白い柔《やわら》かな円石《まるいし》もころがって来、小さな錐《きり》の形の水晶《すいしょう》の粒や、金雲母《きんうんも》のかけらもながれて来てとまりました。

そのつめたい水の底まで、ラムネの瓶《びん》の月光がいっぱいに透《すき》とおり天井では波が青じろい火を、燃したり消したりしているよう、あたりはしんとして、ただいかにも遠くからというように、その波の音がひびいて来るだけです。

蟹の子供らは、あんまり月が明るく水がきれいなので睡《ねむ》らないで外に出て、しばらくだまって泡をはいて天上の方を見ていました。

2. December

The crab children had grown much bigger. The scenery at the bottom of the stream completely changed from summer to fall.

Soft, white, round stones rolled over. Crystal grains shaped like small drills and fragments of magnesium mica flowed in and stopped.

The moonlight of a glass soda-pop bottle passed through to the bottom in the cold water. A wave at the sky flared up and disappeared like blue fire and hit without a sound. The sound of the wave echoed as if it were far, far away.

The crab children could not sleep. The moon was so bright, and the water was so clear. They went outside. They were quiet for a short time, blew bubbles, and looked at the sky.

『やっぱり僕《ぼく》の泡は大きいね。』

『兄さん、わざと大きく吐いてるんだい。僕だってわざとならもっと大きく吐けるよ。』

『吐いてごらん。おや、たったそれきりだろう。いいかい、兄さんが吐くから見ておいで。そら、ね、大きいだろう。』

『大きかないや、おんなじだい。』

『近くだから自分のが大きく見えるんだよ。そんなら一緒に吐いてみよう。いいかい、そら。』

『やっぱり僕の方大きいよ。』

『本当かい。じゃ、も一つはくよ。』

『だめだい、そんなにのびあがっては。』

またお父さんの蟹が出て来ました。

『もうねろねろ。遅《おそ》いぞ、あしたイサドへ連れて行かんぞ。』

『お父さん、僕たちの泡どっち大きいの』

『それは兄さんの方だろう』

『そうじゃないよ、僕の方大きいんだよ』弟の蟹は泣きそうになりました。

"Of course, my bubble is big."

"Hey Big Brother, you're blowing a bigger one on purpose. Now, I'm going to blow a bigger one."

"Blow one. Just you, all by yourself. Okay? I'll watch while you blow one. There. Yeah, that'll be big."

"That's not big. It's the same size."

"Mine looks bigger because it's closer. Let's blow them together. All right? Now."

"Yep, mine is bigger."

"Really? One more time."

"It's no good. I can't stretch that much."

Daddy crab came outside again.

"Get back in bed. It's late. We're going to Isado tomorrow."

"Daddy, whose bubble is bigger?"

"I think your big brother's is."

"No, it's not. Mine is bigger," said little brother crab looking like he was about to burst into tears.

そのとき、トブン。

黒い円い大きなものが、天井から落ちてずうっとしずんで又上へのぼって行きました。キラキラッと黄金《きん》のぶちがひかりました。

『かわせみだ』子供らの蟹は頸《くび》をすくめて云いました。

お父さんの蟹は、遠めがねのような両方の眼をあらん限り延ばして、よくよく見てから云いました。

『そうじゃない、あれはやまなしだ、流れて行くぞ、ついて行って見よう、ああいい匂《にお》いだな』

なるほど、そこらの月あかりの水の中は、やまなしのいい匂いでいっぱいでした。

三疋はぼかぼか流れて行くやまなしのあとを追いました。

その横あるきと、底の黒い三つの影法師《かげぼうし》が、合せて六つ踊《おど》るようにして、やまなしの円い影を追いました。

間もなく水はサラサラ鳴り、天井の波はいよいよ青い焔《ほのお》をあげ、やまなしは横になって木の枝《えだ》にひっかかってとまり、その上には月光の虹《にじ》がもかもか集まりました。

At that moment, boom!

A large black round object fell from the sky, sunk all the way down, then rose to the top. A sparkling golden patch glowed.

"It's the kingfisher," said the crab children and shrunk their necks.

Daddy crab stretched his eyes, as much as possible, like telescopes. After staring for a long time, he said, "No, it's not. That's a wild pear floating over there. Let's go have a look. Aah, what a wonderful smell."

Of course, the water in the moonlight was filled with the aroma of the wild pear.

One after another, the three crabs drifted after the wild pear.

Three black silhouettes on the bottom of the stream walked sideways and made six tracks as they chased after the round shadow of the wild pear.

For a short time, the water churned. The waves in the sky became blue flames. The wild pear next to them had been stopped by a tree branch. A glittering moonlight rainbow gathered above.

『どうだ、やっぱりやまなしだよ、よく熟している、いい匂いだろう。』

『おいしそうだね、お父さん』

『待て待て、もう二日ばかり待つとね、こいつは下へ沈《しず》んで来る、それからひとりでにおいしいお酒ができるから、さあ、もう帰って寝《ね》よう、おいで』

親子の蟹は三疋自分|等《ら》の穴に帰って行きます。

波はいよいよ青じろい焔をゆらゆらとあげました、それは又|金剛石《こんごうせき》の粉をはいているようでした。

私の幻燈はこれでおしまいであります。

"Yes, it's a wild pear after all. It's nice, ripe, and smells good."

"It looks delicious, Daddy."

"Wait. Wait. We'll wait just two more days. This sunk down to the bottom so delicious sake can come from this alone. Now, go home and go to sleep."

Daddy crab and his two sons went home to their burrow.

At last, the waves created rising and falling blue flames that seemed to contain diamond dust.

This ends my magic lantern.

  • やまなし
  • 著者名: 宮沢賢治
  • 入力:蒋龍
  • 校正:noriko saito
  • 翻訳者:シェリー・マーシャル
  • The Wild Pear (in Japanese)
  • Author: Kenji Miyazawa
  • Input by: Syou
  • Revised by:noriko saito
  • Translated by: Shelley Marshall
© 2020 Shelley Marshall