First Draft - The Captive

This science fiction story, The Captive, was written by Juza Unno.

俘囚

海野十三

The Captive

Juza Unno

「ねエ、すこし外へ出てみない!」

「うん。——」

あたしたちは、すこし飲みすぎたようだ。ステップが踉々《よろよろ》と崩《くず》れて、ちっとも鮮《あざや》かに極《きま》らない。松永《まつなが》の肩に首を載《の》せている——というよりも、彼の逞《たくま》しい頸《くび》に両手を廻して、シッカリ抱きついているのだった。火のように熱い自分の息が、彼の真赤な耳朶《みみたぼ》にぶつかっては、逆にあたしの頬を叩く。

ヒヤリとした空気が、襟首《えりくび》のあたりに触《ふ》れた。気がついてみると、もう屋上に出ていた。あたりは真暗《まっくら》。——唯《ただ》、足の下がキラキラ光っている。水が打ってあるらしい。

「さあ、ベンチだよ。お掛け……」

彼は、ぐにゃりとしているあたしの身体を、ベンチの背中に凭《もた》せかけた。ああ、冷い木の床《ゆか》。いい気持だ。あたしは頭をガクンとうしろに垂《た》れた。なにやら足りないものが感ぜられる。あたしは口をパクパクと開《あ》けてみせた。

「なんだネ」と彼が云った。変な角度からその声が聞えた。

"Hey, let's go outside for a bit!"

"Okay..."

We drank a little too much. Our steps were tottering and unsteady. Rather than resting my head on Matsunaga's shoulder, I wrapped both hands around his sturdy neck and hugged him tight. My breath, hot like fire, brushed against his bright red earlobe.

The chilly air touched the nape of my neck. When I finally noticed, we were already on the rooftop and surrounded by darkness. Light shone beneath our feet. They look like they had been sprinkled with water.

"Here's a bench. Let's sit..." he said.

He placed my limp body on the bench leaning against its back. Ah, the wood was cold and felt good. My head jerked back. I didn't feel like I was out of sorts. I tried opening and closing my mouth like I was chewing.

"What are you doing?" he asked. I heard his voice from an awkward angle.

「逃げちゃいやーよ。……タバコ!」

「あ、タバコかい」

親切な彼は、火の点《つ》いた新しいやつを、あたしの唇の間に挟《はさ》んでくれた。吸っては、吸う。美味《おい》しい。ほんとに、美味しい。

「おい、大丈夫かい」松永はいつの間にか、あたしの傍《そば》にピッタリと身体をつけていた。

「大丈夫よオ。これッくらい……」

「もう十一時に間もないよ。今夜は早く帰った方がいいんだがなア、奥さん」

「よしてよ!」あたしは呶鳴《どな》りつけてやった。「莫迦《ばか》にしているわ、奥さんなんて」

「いくら冷血《れいけつ》の博士《はかせ》だって、こう毎晩続けて奥さんが遅くっちゃ、きっと感づくよ」

「もう感づいているわよオ、感づいちゃ悪い?」

「勿論、よかないよ。しかし僕は懼《おそ》れるとは云やしない」

「へん、どうだか。——懼れていますって声よ」

「とにかく、博士を怒らせることはよくないと思うよ。事を荒立《あらだ》てちゃ損だ。平和工作を十分にして置いて、その下で吾々《われわれ》は楽しい時間を送りたいんだ。今夜あたり早く帰って、博士の首玉《くびったま》に君のその白い腕を捲《ま》きつけるといいんだがナ」

"Don't try to run away.... Cigarettes!"

"Oh, cigarettes?"

The sweet man lit one for me and placed it between my lips. I took a drag. It tasted good. Delicious.

"Hey, are you okay?" Matsunaga asked and before I knew it he was by my side holding me tight.

"I'm okay. See..."

"It'll be eleven in no time. It'd be better if you go home early tonight, Ma'am."

"Oh stop!" I shouted, "You're being stupid, calling me Ma'am."

"The cold-hearted professor may become suspicious of you doing this every night and staying out late."

"He's already suspicious. Is that feeling bad?"

"Of course, it's not good. However, I'm not saying I'm afraid."

"That's strange, about what? You say you're afraid."

"Anyway, I think angering the professor is not good. It's a loss if it makes matters worse. Our work on advancing peace is satisfactory. To that end, we want to spend an enjoyable time. It'd be best if you go home early tonight and fling your white arms around the professor's neck."

 彼の云っている言葉の中には、確かにあたしの夫への恐怖が窺《うかが》われる。青年松永は子供だ。そして偶像崇拝家《ぐうぞうすうはいか》だ。あたしの夫が、博士であり、そして十何年もこの方、研究室に閉じ籠って研究ばかりしているところに一方ならぬ圧力を感じているのだ。博士がなんだい。あたしから見れば、夫なんて紙人形に等しいお馬鹿さんだ。お馬鹿さんでなければ、あんなに昼となく夜となく、研究室で屍体《したい》ばかりをいじって暮せるものではない。その癖《くせ》、この三四年こっち、夫は私の肉体に指一本触った事がないのだ。 あたしは、前から持っていた心配を、此処《ここ》にまた苦《にが》く思い出さねばならなかった。

あたしは、前から持っていた心配を、此処《ここ》にまた苦《にが》く思い出さねばならなかった。

(この調子で行くと、この青年は屹度《きっと》、私から離れてゆこうとするに違いない!)

きっと離れてゆくだろう。ああ、それこそ大変だ。そうなっては、あたしは生きてゆく力を失ってしまうだろう。松永無くして、私の生活がなんの一日だってあるものか。——こうなっては、最後の切り札を投げるより外《ほか》に途《みち》がない。おお、その最後の切り札!

「ねえ。——」とあたしは彼の身体をひっぱった。「ちょいと耳をお貸しよ」

「?」

「あたしがこれから云うことを聴いて、大きな声を出しちゃいやアよ」

彼は怪訝《けげん》な顔をして、あたしの方に耳をさしだした。

His fear of my husband could be deduced from his words. The young man Matsunaga is a child and an idol worshipper. My husband is a professor. Ten or so years ago, my husband shut himself up in his laboratory and felt extraordinary pressure to conduct research. What is a professor? What I see is a stupid husband equal to a paper doll. If he's not a dope, he would not shut himself off day and night with corpses in his laboratory. Because of that, for the past three or four years, my husband has not laid one finger on my flesh.

The worry I've carried from earlier must be painfully remembered here.

I believe when in this mood, this young man would certainly leave me!

He would definitely leave. And that is terrible. If that happens, I will lose the power to live. Could I live one day without Matsunaga? If this happens, I have no other choice but to play my trump card!

"Hey..." I tugged at his body, "Will you listen to me?"

"?"

"Listen to what I have to say. Come closer, I want to speak softly."

He looked doubtful, but leaned toward me.


「いいこと!——」グッと声を落として、彼の耳の穴に吹きこんだ。「あんたのために、あたし、今夜うちの人を殺してしまうわよ!」

「えッ?」

これを聴いた松永は、あたしの腕の中に、ピーンと四肢を強直させた。なんて意気地《いくじ》なしなんだろう、二十七にもなっている癖に……。

邸内《ていない》は、底知れぬ闇の中に沈んでいた。

(お誂《あつら》え向きだわ!)今宵《こんや》は夜もすがら月が無い。

トントンと、長い廊下の上に、あたしの跫音《あしおと》がイヤに高く響く。薄ぐらい廊下灯《ろうかあかり》が、蜘蛛《くも》の巣《す》だらけの天井《てんじょう》に、ポッツリ点いている。その角を直角に右に曲る。——プーンと、きつい薬剤《やくざい》の匂いが流れて来た。夫の実験室は、もうすぐ其所《そこ》だ。

夫の部屋の前に立って、あたしは、コツコツと扉《ドア》を叩いた。——返事はない。

無くても構《かま》わない。ハンドルをぎゅっと廻すと、扉は苦もなく開いた。夫は、あたしの訪問することなどを、全然予期していないのだ。だから扉々《とびらとびら》には、鍵もなにも掛っていない。あたしは、アルコール漬《づけ》の標本壜《ひょうほんびん》の並ぶ棚《たな》の間をすりぬけて、ズンズン奥へ入っていった。

"Good!" she said in a soft voice and blew into his ear. "Tonight, I will kill my husband for you."

"What?"

When he heard this, Matsunaga stiffened in my arms. He was probably spineless after all. It was the faulty of his being twenty-seven....

The grounds sank into a bottomless darkness.

I thought, "This is perfect! This evening and tonight will be moonless."

My footsteps echoed down the long corridor. The dim lantern lit the ceiling covered in spider webs. Turn right at this corner. The pungent smell of medicine flowed out. My husband's lab is there, straight ahead.

I stood in front of his lab and knocked on the door. He didn't respond.

It didn't matter whether he was in or not. I firmly turned the handle, and the door opened without difficulty. He was not expecting a visit from me at all. Door after door was unlocked. I quickly slipped past the shelves of specimens preserved in alcohol and slipped inside.



 一番奥の解剖室《かいぼうしつ》の中で、ガチャリと金属の器具が触れ合う物音がした。ああ、解剖室! それは、あたしの一番|苦手《にがて》の部屋であったけれど……。

扉《ドア》を開けてみると、一段と低くなった解剖室の土間に、果して夫の姿を見出した。

解剖台の上に、半身を前屈《まえかが》みにして、屍体をいじりまわしていた夫は、ハッと面《おもて》をあげた。白い手術帽と、大きいマスクの間から、ギョロとした眼だけが見える。困惑《こんわく》の目の色がだんだんと憤怒《ふんぬ》の光を帯《お》びてきた。だが、今夜はそんなことで駭《おどろ》くようなあたしじゃない。

「裏庭で、変な呻《うな》り声がしますのよ。そしてなんだかチカチカ光り物が見えますわ。気味が悪くて、寝られませんの。ちょっと見て下さらない」

「う、うーッ」と夫は獣《けもの》のように呻った。「くッ、下らないことを云うな。そんなことア無い」

「いえ本当でございますよ。あれは屹度《きっと》、あの空井戸《からいど》からでございますわ。あなたがお悪いんですわ。由緒《ゆいしょ》ある井戸をあんな風にお使いになったりして……」

空井戸というのは、奥庭にある。古い由緒も、非常識な夫の手にかかっては、解剖のあとの屑骨《くずぼね》などを抛《な》げこんで置く地中の屑箱にしか過ぎなかった。底はウンと深かったので、ちょっとやそっと屑を抛げこんでも、一向に底が浮き上ってこなかった。

From the innermost autopsy room came the sounds of metal instruments clinking together. Ah, the autopsy room! Although the worst room for me....

When I opened the door, as expected, I saw my husband on the dirt floor of a lower level autopsy room.

He was slouched over the autopsy table tinkering with a corpse, and his eyes jerked up to look at me. Sandwiched between his white surgery hat and large mask were startled eyes. His bewildered eyes slowly clouded with rage. But on this night, that did not surprise me. I said, "There's a strange moaning voice coming from the back garden. And I can see some kind of flickering object. I'm worried and can't sleep. Please take a look."

"Uh," groaned my husband like a wild animal, and then said, "You're not being silly, are you? There's nothing like that."

"No, it's true. It's definitely there. From that empty well. You're the one who's wrong. That well has a history. That's why I'm asking."

The empty well was in the back garden. That old history was only the underground waste boxes in which scrap bones and other items from the autopsies were thrown in by my sensible husband. The bottom is very deep. He simply tossed the waste in, but the bottom never rose.

「だッ黙れ。……明日になったら、見てやる」

「明日では困ります。只今、ちょっとお探りなすって下さいませんか。さもないと、あたくしはこれから警察に参り、あの井戸まで出張して頂《いただ》くようにお願いいたしますわ」

「待ちなさい」と夫の声が慄《ふる》えた。「見てやらないとは云わない。……さあ、案内しろ」

夫は腹立たしげに、メスを解剖台の上へ抛《ほう》りだした。屍体の上には、さも大事そうに、防水布《ぼうすいふ》をスポリと被《かぶ》せて、始めて台の傍を離れた。

夫は棚から太い懐中電灯を取って、スタスタと出ていった。あたしは十歩ほど離れて、後に随《したが》った。夫の手術着の肩のあたりは、醜く角張《かくば》って、なんとも云えないうそ寒い後姿だった。歩むたびに、ヒョコンヒョコンと、なにかに引懸《ひっか》かるような足つきが、まるで人造人間《じんぞうにんげん》の歩いているところと変らない。

あたしは夫の醜躯《しゅうく》を、背後《うしろ》からドンと突き飛ばしたい衝動にさえ駆られた。そのときの異様な感じは、それから後、しばしばあたしの胸に蘇《よみがえ》ってきて、そのたびに気持が悪くなった。だが何故それが気持を悪くさせるのかについて、そのときはまだハッキリ知らなかったのである。後になって、その謎が一瞬間に解けたとき、あたしは言語に絶する驚愕《きょうがく》と悲嘆とに暮れなければならなかった。訳はおいおい判ってくるだろうから、此処《ここ》には云わない。

"Quiet. I'll look tomorrow."

"Tomorrow will be too late. Can't you take a few moments to look around? If not, I will call the police and ask them to inspect that well."

"Please wait," said my husband in a trembling voice, "I didn't say I wouldn't look.... Well, lead the way."

My angry husband flung the scalpel on the autopsy table. With great care, he covered the entire corpse on table with a waterproof cloth and,for the first time, left the side of the table.

He took a flashlight off a shelf and briskly went outside. I followed him out about ten steps behind. The area near his shoulders of his surgical gown was an unsightly angular shape, which gave him a somewhat cold appearance from behind. Each step was nimble. He walked as if trapped by something. His gait was no different than that of an android.

I was seized by the urge to shove my husband's hideous body from behind. Later, that odd feeling was often revived in my breast, and was worse each time. Why did I feel so repulsed? I still did not know at that time. Later, the moment came when I solved that puzzle, I had to hide by indescribable dismay and grief. I cannot tell the reason here because it will come to be understood little by little.

 森閑《しんかん》とした裏庭に下りると、夫は懐中電灯をパッと点じた。その光りが、庭石や生えのびた草叢《くさむら》を白く照して、まるで風景写真の陰画《いんが》を透《す》かしてみたときのようだった。あたしたちは無言のまま、雑草を掻《か》き分けて進んだ。

「何にも居ないじゃないか」と夫は低く呟《つぶや》いた。

「居ないことはございませんわ。あの井戸の辺でございますよ」

「居ないものは居ない。お前の臆病から起った錯覚《さっかく》だ! どこに光っている。どこに呻っている。……」

「呀《あ》ッ! あなた、変でございますよ」

「ナニ?」

「ごらん遊ばせ。井戸の蓋《ふた》が……」

「井戸の蓋? おお、井戸の蓋が開いている。どッどうしたんだろう」

井戸の蓋というのは、重い鉄蓋だった。直径が一メートル強《きょう》もあって、非常に重かった。そしてその上には、楕円形《だえんけい》の穴が明いていた。十五|糎《センチ》に二十糎だから、円に近い。

夫は秘密の井戸の方へ、ソロリソロリと歩みよった。判らぬように、ソッと内部を覗《のぞ》いてみるつもりだろう。腰が半分以上も、浮きたった。夫の注意力は、すっかり穴の中に注《そそ》がれている。すぐ後にいるあたしにも気がつかない。機会《チャンス》!

「ええいッ!」

When we went down to the silent back garden, my husband turned on his flashlight. The light shined a white light over the garden stones and the growing bushes, and resembled a photographic negative of the scene. Without speaking, we pushed aside the leaves and moved forward.

"There's nothing here, is there?" my husband whispered.

"There's nothing here. It's around that well."

"There's nothing here. It's an illusion caused by your cowardice! Where is the light? Where is the groaning?"

"Oh! You are strange!"

"What?"

"Look. The well cover is..."

"The well cover? Why is the well cover is open?"

The well cover was a heavy lid made of iron with a diameter of one meter. On top an oblong hole was opened in the cover. It was close to a circle at fifteen to twenty centimeters.

My husband crept toward the secret well. He intended to peek inside without being seen. He lifted his hips halfway. His attention was fixed inside the hole. He didn't realize I was right behind him. This was my chance!

"Eeyaah!"

 ドーンと夫の腰をついた。不意を喰らって、

「なッ何をする、魚子《うおこ》!」

と、夫は始めてあたしの害心《がいしん》に気がついた。しかし、そういう叫び声の終るか終らないうちに、彼の姿は地上から消えた。深い空井戸の中に転落していったのだ。懐中電灯だけが彼の手を離れ、もんどり打って草叢に顎《あご》をぶっつけた。

(やっつけた!)と、あたしは俄《にわ》かに頭がハッキリするのを覚えた。(だが、それで安心出来るだろうか)

「とうとう、やったネ」

別な声が、背後《うしろ》から近づいた。松永の声だと判っていたが、ギクンとした。

「ちょっと手を貸してよ」

あたしは、拾ってきた懐中電灯で、足許《あしもと》に転がっている沢庵石《たくあんいし》の倍ほどもある大きな石を照した。

「どうするのさ」

「こっちへ転がして……」とゴロリと動かして、「ああ、もういいわよ」——あとは独りでやった。

「ウーンと、しょ!」

「奥さん、それはお止しなさい」と彼は慌《あわ》てて停めたけれど、

「ウーンと、しょ!」

大きな石は、ゴロゴロ転がりだした。そして勢《いきお》い凄《すざま》じく、井戸の中に落ちていった。夫への最後の贈物だ。——ちょっと間を置いて、何とも名状《めいじょう》できないような叫喚《きょうかん》が、地の底から響いてきた。

I grabbed his waist and caught him off guard.

"What are you doing? Uoko!"

My husband realized my evil intentions. But before he stopped screaming, he disappeared from the face of the Earth. He had tumbled into the empty well. His flashlight left his hand. I somersaulted and hit my chin on the bushes.

"That's it for him!" was my first thought, but was I safe.

"Finally, you did it," said another voice approaching me from behind. I deduced it was Matsunaga's voice, but still shocked.

"Give me a hand," I said.

I picked up the flashlight and was shining it on the huge stone I tripped over.

"What are you going to do?"

"Roll it over here..." I said and rolled.

"That's enough," I said as I did it by myself.

"Uuun. There!"

"Please stop," he said and hastily stopped, but I kept pushing.

"Uuun."

The boulder tumbled over and with terrific energy dropped into the well. That was the final gift to my husband. An indescribable shriek echoed from the depths of the Earth.



 松永は、あたしの傍にガタガタ慄《ふる》えていた。

「さア、もう一度ウインチを使って、蓋をして頂戴よオ」

ギチギチとウインチの鎖《くさり》が軋《きし》んで、井戸の上には、元のように、重い鉄蓋が載せられた。

「ちょっとその孔《あな》から、下を覗《のぞ》いて見てくれない」

鉄蓋の上には楕円形《だえんけい》の覗き穴が明いていた。縦が二十センチ横が十五センチほどの穴である。

「飛んでもない……」

松永は駭《おどろ》いて尻込《しりご》みをした。

夜の闇が、このまま何時《いつ》までも、続いているとよかった。この柔い褥《しとね》の上に、彼と二人だけの世界が、世間の眼から永遠に置き忘られているとよかった。しかし用捨《ようしゃ》なく、白い暁がカーテンを通して入ってきた。

「じゃ、ちょっと行って来るからネ」

松永は、実直な銀行員だった。永遠の幸福を思えば、彼を素直に勤め先へ離してやるより外はない。

「じゃ、いってらっしゃい。夕方には、早く帰ってくるのよ」

彼は膨《は》れぼったい眼を気にしながら出ていった。

Matsunaga trembled by my side.

"Well, I'll use the winch again to replace the cover."

The chain of the winch creaked as it lifted the heavy iron cover to return it to its original position on the well.

"Because of that hole, you can peek down."

An oval peephole was opened in the iron cover. The hole was twenty centimeters long by fifteen centimeters wide.

"That's ridiculous..."

Matsunaga was shocked and cringed.

Fortunately, the night's darkness lasted for some time. It would be better for this world of only we two on this soft cushion to be forgotten in the eyes of the world forever. However, the white dawn relentlessly pierced the curtain.

"Well, I'll leave soon," said Matsunaga, who was a trustworthy bank employee. If I thought of eternal happiness, it would be nothing other than his obediently leaving to go to his workplace.

"Well, goodbye. I'll return home early this evening," he said when he left concerned about his puffy eyes.



 使用人の居ないこの広い邸宅は、まるで化物屋敷のように、静まりかえっていた。一週に一度は、派出婦がやって来て、食料品を補《おぎな》ったり、洗い物を受けとったりして行くのが例だった。いつまで寝ていようと、もう気儘《きまま》一杯にできる身の上になった。呼びつけては、気短かに用事を怒鳴《どな》りつける夫も居なくなった。だからいつまでもベッドの上に睡っていればよかったのであるが、どういうものか落付いて寝ていられなかった。

あたしは、ちぐはぐな気持で、とうとうベッドから起き出でた。着物を着かえて鏡に向った。蒼白い顔、血走った眼、カサカサに乾いた唇——

(お前は、夫殺しをした!)

あたしは、云わでもの言葉を、鏡の中の顔に投げつけた。おお、殺人者! あたしは取返しのつかない事をしてしまったのだ。窓の向うに見える井戸の中に、夫の肉体は崩れてゆくだろう。彼にはもう二度と、この土の上に立ち上る力は無くなってしまったのだ。鉛筆の芯が折れたように、彼の生活はプツリと切断してしまったのだ。彼の研究も、かれの家族も(あたし独りがその家族だった)それから彼の財産も、すべて夫の手を離れてしまった。彼は今日まで、すっかり無駄働きをしたようなものだ。

そんなことをさせたのは、一体誰の罪だ。殺したのは、あたしだ。しかし殺させるように導いたのは夫自身だったじゃないか。他の男のところへ嫁《とつ》いでいれば、人殺しなどをせずに済んだにちがいない。あたしの不運が人殺しをさせたのだ。といって人殺しをしたのは此の手である。この鏡に写っている女である。もう拭《ぬぐ》っても拭い切れない。あたしの肉体には、夫殺しの文字が大きな痣《あざ》になっているのに違いない。誰がそれを見付けないでいるものか。じわりじわりと司直《しちょく》の手が、あたしの膚《はだ》に迫ってくるのが感じられる。

The large grounds with no servants closely resembled a haunted mansion. Once a week, usually, a housekeeper came to stock food and to do the washing. I slept as late as I wanted and became quite selfish. My short-tempered husband, who ranted about business, was no longer around to call me. Therefore, I could stay in bed as long as I wished, but I couldn't calm down and sleep.

I felt confused, but eventually did get out of bed. I put on my kimono and went to the mirror. My face was pale, my eyes bloodshot, and my lips dry and flaky.

"You killed your husband," I thought.

I threw my words in my face at the mirror. Ah, murderer! I've done something I can't reverse. My husband's flesh was rotting in the well I saw outside the window. He will never have the strength to stand on the ground again. His life was cut short like breaking the lead of a pencil. His research, his family (I was his family), and his property were all taken from my husband's hands. Until today, he only worked to no purpose.

Who made me commit this crime? I was killed. Didn't my husband guide the killing? If I became the wife of another man, it surely would not have ended in murder. My bad luck caused this murder. These hands murdered. This woman is reflected in the mirror. No matter how much I wipe, it cannot be wiped away. The characters of husband killer will definitely form a large mark on my flesh. Will no one find it? I feel the arm of the law will slowly draw closer to my flesh.

(ああ、こんな厭《いや》な気持になるのだったら、夫を殺すのではなかった!)

押しよせてくる不安に、あたしはもう堪《た》えられなくなった。なにか救《すく》いの手を伸《の》べてくれるものは無いか。

「そうだ、有る有る。お金だ。夫の残していった金だ。それを探そう!」

いつか夫が、莫大《ばくだい》な紙幣《さつ》の札を数えているところへ、入っていったことがあった。あれは五年ほど前のことだったが、研究に使ったとしても、まだ相当残っている筈《はず》。それを見つけて、あとはしたいことを今夜からでもするのだ。

あたしは、それから夕方までを、故《な》き夫の隠匿《いんとく》している財産探しに費《ついや》した。茶の間から始まって、寝室から、書斎の本箱、机の抽斗《ひきだし》それから洋服箪笥《ようふくだんす》の中まで、すっかり調べてみた。その結果は、云うまでもなく大失敗だった。あれほど有ると思った金が、五十円と纏《まとま》っていなかった。この上は、夫の解剖室に入って屍体の腹腔《ふくこう》までを調べてみなければならなかったが、あの部屋だけは全く手を出す勇気がない。しかしそれほどまでにせずとも、これ以上探しても無駄であることが判った。それは数冊の貯金帖を発見したことだったが、その帖面の現在高は、云いあわせたように、いずれも一円以下の小額だった。結局わが夫の懐工合は、非常に悪いことが判った。意外ではあるが、事実だから仕方がない。

Oh, this horrible feeling means I did not kill my husband!

I could no longer bear the anxiety closing in on me. Is there anyone who will reach out a hand to help me?

"Yes, there is! Money. The money my husband left behind. I will search for it!"

At one time, my husband took me to a place to show me an enormous quantity of paper money. That was about five years ago. Even if he used it for his research, a considerable amount should still remain. I will find it, and then will do as I please starting tonight. I spent the rest of the day searching for the property hidden by my late husband. I began in the parlor, and then searched every inch of the bedroom, the bookcase in the study, the drawers of the desk and the wardrobe for Western clothes. Needless to say, it was a catastrophic failure. The money I thought was in my hands was not even fifty yen in total. In addition, I had to examine the empty stomach of the corpse in my husband's autopsy room, but did not have the courage to start only for that room. However, even without doing that, I decided it was a waste to search any more. I discovered several savings account books, but the current maxima on the front of the accounts were small sums less than one yen. In the end, I determined that my husband's finances were extremely poor. Unexpectedly, the truth was there was nothing for me to do.

 失望のあまり、今度はボーッとした。この上は、化物屋敷と広い土地とを手離すより外に途がない。松永が来たらば、適当のときに、それを相談しようと思った。彼はもう間もなく訪《おとず》れて来るに違いない。あたしはまた鏡に向って、髪かたちを整《ととの》えた。

だが、調子の悪いときには、悪いことが無制限に続くものである。というのは、松永はいつまで待っても訪ねてこなかった。もう三十分、もう一時間と待っているうちに、とうとう何時の間にやら、十二時の時計が鳴りひびいた。そして日附が一つ新しくなった。

(やっぱり、そうだ!——松永はあたしのところから、永遠に遁《に》げてしまったのだ!)

彼のために、思い切ってやった仕事が、あの子供っぽい青年の胸に、恐怖を植えつけたのに違いない。人殺しの押かけ女房の許から逃げだしたのだ。もう会えないかも知れない、あの可愛い男に……。

悶《もだ》えに満ちた夜は、やがて明け放たれた。憎らしいほどの上天気だった。だが、内に閉じ籠っているあたしの気持は、腹立たしくなるばかりだった。幾回となく発作《ほっさ》が起って、あたしは獣《けもの》のように叫びながら、灰色に汚れた壁に、われとわが身体をうちつけた。あまりの孤独、消しきれない罪悪《ざいあく》、迫りくる恐怖戦慄《きょうふせんりつ》、——その苦悶《くもん》のために気が変になりそうだ、恐ろしかった。あの重い鉄蓋が持ち上がるものだったら、あたしは殺した夫の跡を追って、井戸の中に飛びこんだかも知れない。

I was beyond despair. I could do nothing but let go of the haunted mansion and the vast land. If Matsunaga came, I would explain this to him at the appropriate time. He would surely visit soon. I faced the mirror again to fix my hair.

When the situation is bad, bad things continue without end. That is, no matter how long I waited Matsunaga never came. I waited for thirty minutes and then an hour, after some time, the clock struck two o'clock, then a new day arrived.

That must be it! Matsunaga ran away from me forever!

The work I dared to do for him surely instilled fear in his childlike, youthful breast. He fled from the home of the woman who killed and would force him to marry her. I'll probably never see that darling man again.

A night filled with anguish finally gave way to the light of dawn. The fine weather was detestable. The feelings I shut up inside were maddening. I experienced countless fits and screamed like a wild beast, slammed my body against a dirty gray wall. I was frightened that I may be losing my mind because of the agony of terrible loneliness, a crime that could not be erased, and a looming trembling with fear. If I lifted the heavy iron cover, I may approach my murdered husband's remains and fall into the well.

 喚《わめ》き、悶え、暴《あば》れているうちに、とうとう身体の方が疲れ切って、あたしはベッドの上に身を投げだした。睡ったことは睡ったが、恐ろしい夢を、幾度となく次から次へと見た。——不図《ふと》、その白昼夢《はくちゅうむ》から、パッタリ目醒《めざ》めた。オヤオヤ睡ったようだと、気がついたとき、庭の方の硝子窓《ガラスまど》が、コツコツと叩かれるので、其の方へ顔を向けた。

「ああ、——」あたしは、思わず大声をあげると、その場に飛んで起きた。なぜなら、庭に向いた窓の向うから、しきりに此方《こっち》を覗きこんでいる者があった。その円い顔——紛《まぎ》れもなく、逃げたとばかり思っていた松永の笑顔だった。

「マーさん、お這入《はい》り——」

「どうして昨夜《ゆうべ》は来なかったのさア」

嬉しくもあったけれど、相当口惜しくもあったので、あたしはそのことを先《ま》ず訊《たず》ねた。

「昨夜は心配させたネ。でもどうしても来られなかったのだ、エライことが起ってネ」

「エライことッて、若い女のひとと飯事《ままごと》をすることなの」

「そッそんな呑気《のんき》なことじゃないよ。僕は昨夜、警視庁に留められていたんだ。そして、いまから三十分ほど前に、釈放《しゃくほう》になったばかりだよ」

「ああ、警視庁なの!」

あたしはハッと思った。そんなに早く露見《ろけん》したのかなア。

While I screamed in anguish and punished myself, my body finally wore out and I threw myself into bed. I fell asleep, but I saw a frightening dream again and again. I suddenly woke from that daydream. When I realized I had been asleep, I turned my head toward tapping coming from the window overlooking the garden.

"Aah!" I screamed without thinking and rushed to the window. People often peeked through the window over the garden. That round face was none other than the smiling face of Matsunaga I thought had fled.

"Matsu-san, come in."

"Why didn't you come last night?"

I was elated, but I asked that question first because I felt great regret.

"I'm sorry you were worried last night, but as much as I wanted, I couldn't come. A serious event occurred."

"Serious you say. You played house with a young woman."

"I don't act so carefree. Last night, I stayed at the Metropolitan Police Department. They released me about thirty minutes ago."

"Oh, the police department!"

I was shocked. Had they discovered it so quickly?




「そうだ、災難に類する事件なんだがネ」と彼は急に興奮の色を浮べて云った。「実はうちの銀行の金庫室から、真夜中に沢山の現金を奪って逃げた奴があるんだ。そいつが判らない。その部屋にいる青山金之進《あおやまきんのしん》という番人が殺されちまった。——そして不思議なことに、その部屋に入るべきあらゆる入口が、完全に閉じられているのだ。穴といえば、その室《へや》にある送風機の入口と、壁の欄間《らんま》にある空気窓だけだ。空気窓の方は、嵌《は》めこんだ鉄の棒がなかなかとれないから大丈夫。もう一つの送風機の穴は、蓋があって、これが外《はず》せないことはないが、なにしろ二十センチそこそこの円形《まるがた》で、外は同じ位の大きさの鉄管で続いている。二十センチほどの直径のことだから、どんなに油汗《あぶらあせ》を流してみても、身体が通りゃしない。それだのに犯人の入った証拠は、歴然《れきぜん》としているのだ。こんな奇妙なことがあるだろうか」

「現金は沢山盗まれたの?」

"It's an incident akin to a calamity," he quickly said and flushed with excitement, "Some guy escaped with a mountain of cash from a vault in my bank. He's still missing. The guard called Aoyama Kinnoshin in the room was killed. The mystery is all entrances to that room were shut. As for holes, there are only one vent in the room and an air window in the decorative screen in the wall. The air window was reinforced with iron bars that can't be removed. Another hole for a ventilator has a lid that can't be removed. The circulat hole has a diameter of twenty centimeters, and an iron pipe having the same size continues to the outside. Because the diameter is twenty centimeters, even if the thief broke out in a cold sweat, a body couldn't pass through. The proof a thief entered was obvious. Is it possible for something this bizarre to happen?"

"A mountain of cash was stolen?"

「うん、三万円ばかりさ。——こんな可笑《おか》しなことはないというので、記事は禁止で、われわれ行員が全部疑われていたんだ。僕もお蔭で禁足《きんそく》を喰《くら》ったばかりか、とうとう一泊させられてしまった。ひどい目に遭《あ》ったよ」

松永は、ポケットの中から、一本の煙草を出して、うまそうに吸った。

「変な事件ネ」

「全く変だ。探偵でなくとも、あの現場の光景は考えさせられるよ。入口のない部屋で、白昼のうちに巨額の金が盗まれたり、人が殺されたりしている」

「その番人は、どんな風に殺されているんでしょ」

「胸から腹へかけて、長く続いた細いメスの跡がある、それが変な風に灼《や》けている。一見|古疵《ふるきず》のようだが、古疵ではない」

「まア、——どうしたんでしょうネ」

「ところが解剖の結果、もっとエライことが判ったんだよ。駭《おどろ》くべきことは、その奇妙な古疵よりも、むしろその疵の下にあった。というわけは、腹を裂いてみると、駭くじゃあないか、あの番人の肺臓もなければ、心臓も胃袋も腸も無い。臓器という臓器が、すっかり紛失していたのだ。そんな意外なことが又とあるだろうか」

「まア、——」とあたしは云ったものの、変な感じがした。あたしはそこで当然思い出すべきものを思い出して、ゾッとしたのだ。

「しかし、その奇妙な臓器紛失が、検束《けんそく》されていた僕たち社員を救ってくれることになった、僕たちが手を下したものでないことが、その奇妙な犯罪から、逆に証明されたのだ」

「というと……」

"Uh, just thirty thousand yen. This isn't very unusual, but newspaper reports were forbidden. All the employees were suspects. Thankfully, I was confined for only one night, but had a rough time," said Matsunaga and took a cigarette from his pocket and enjoyed his smoke.

"That is a strange incident."

"It's absolutely strange. I'm not a detective and thought about that scene. A huge amount of money was stolen in broad daylight from a room with no entrance and someone was killed."

"How was the guard killed?"

"There was a long continuous track of a thin scalpel from his chest to his stomach. And it was strangely burnt. It looked like an old injury in a glance, but it wasn't an old injury."

"I wonder what happened."

"And the result of the autopsy determined something more phenomenal. More than the mysterious old scar, the surprise was what was beneath that scar. When they cut open the abdomen, it would be surprising if the guard didn't have lungs, but the heart, the stomach, and the intestines were missing. Can something so shocking happen?"

Although I said, "Well," I felt strange. I remembered what I needed to remember and shuddered.

"But the bizarre missing organs saved all of us employees. We could not have done it. Because the crime was so bizarre, the opposite was proven."

"Meaning?"

「つまり、人間の這入るべき入口の無い金庫室に忍びこんだ奴が、三万円を奪った揚句《あげく》、番人の臓器まで盗んで行ったに違いないということになったのさ。無論、どっちを先にやったのかは知らないが……」

「思い切った結論じゃないの。そんなこと、有り得るかしら」

「なんとかいう名探偵が、その結論を出したのだ。捜査課の連中も、それを取った。尤《もっと》も結論が出たって、事件は急には解けまいと思うけれどネ。ああ併《しか》し、恐ろしいことをやる人間が有るものだ」

「もう止しましょう、そんな話は……。あんたがあたしのところへ帰って来てくれれば、外に云うことはないわ。……縁起直《えんぎなお》しに、いま古い葡萄酒でも持ってくるわ」

あたしたちは、それから口あたりのいい洋酒の盃を重ねていった。お酒の力が、一切の暗い気持を追払《おいはら》ってくれた。全く有難いと思った。——そしてまだ宵《よい》のうちだったけれど、あたしたちはカーテンを下ろして、寝ることにした。

その夜は、すっかり熟睡した。松永が帰って来た安心と、連日の疲労とが、お酒の力で和《やわら》かに溶け合い、あたしを泥のように熟睡させたのだった。……

——翌朝、気のついたときは、もうすっかり明け放たれていた。よく睡ったものだ。あたしは全身的に、元気を恢復した。

"This means someone snuck into the vault room with no place for person to crawl through, yet, thirty thousand yen was stolen. Even the guard's organs were stolen. Of course, no one knows which came first...."

"Isn't your conclusion a bit daring? It may be possible."

"Some famous detective came to that conclusion. The group in the criminal investigation department made it. Understandably, they came to a conclusion and believed the incident would be solved quickly. There is a person who would do something so frightening."

"Enough of this talk.... Since you came back to my home, there's nothing else to say. ...Now, for a change in luck, I will bring something even if it's old wine."

We repeatedly brought the cups of good Western spirits to our mouths. Its strength drove away our dark feelings. We were completely thankful. Although it was still the evening, we closed the curtain and went to bed.

I slept soundly that night. My peace of mind came when Matsunaga returned and the fatigue of every day gently melted away from the power of the spirits and let me sleep deeply like being covered in mud.

The next morning, I woke up and felt refreshed. I had slept well. I completely recovered my energy.

「オヤ、——」

隣に並んで寝ていたと思った松永の姿が、ベッドの上にも、それから室内にも見えない。

庭でも散歩しているのじゃないかと思って、暫く待っていたけれど、一向彼の跫音《あしおと》はしなかった。

「もう出掛けたのかしら……」今日は休むといっていたのに、と思いながら卓子《テーブル》の上を見ると、そこに見慣れない四角い封筒が載っているのを発見した。あたしはハッと胸を衝《つ》かれたように感じた。

しかし手をのばして、その置き手紙を開くまでは、それほどまで大きい驚愕が隠されているとは気がつかなかった。ああ、あの置き手紙! それは松永の筆蹟に違いなかったけれど、その走り書きのペンの跡は地震計の針のように震《ふる》え、やっと次のような文面を判読することが出来たほどだった。

「愛する魚子よ、——

僕は神に見捨てられてしまった。かけがえのない大きな幸福を、棒に振ってしまわなければならなくなった。魚子よ、僕はもう再び君の前に、姿を現わすことが出来なくなった。ああ、その訳は……?

"Hey, hey."

I couldn't see Matunaga's figure, who I thought was sleeping beside me, on the bed or in the room.

I thought he may be walking around the garden and waited a little while, but there was no sound of footsteps.

"He may have gone out..." I thought, but he had the day off today. When I glanced at the table, I discovered a familiar square envelope on the table. I felt like I had been stabbed in the chest.

When I reached out my hand and opened his farewell letter, I didn't think of hiding my enormous dismay. Aah, that farewell letter! That is Matsunaga's handwriting, but the traces of pen scribbles trembled like the needle of a seismograph. I managed to decipher the following writing.

"My beloved Nanako,

"I've been forsaken by the gods. I have lost an irreplaceable happiness. Nanako, you will never see me again. Why?

 魚子よ、君は用心しなければいけない。あの銀行の金庫を襲った不思議の犯人は、世にも恐ろしい奴だ。彼奴《あいつ》の真《まこと》の目標は、ひょっとすると、此の僕にあったのではないかと考える。僕は……僕は今や真実を書き残して、愛する君に伝える。——僕は夜のうちに、あの隆々《りゅうりゅう》たる鼻と、キリリと引締っていた唇と(自分のものを褒《ほ》めることを嗤《わら》わないで呉れ、これが本当に褒め納《おさ》めなのだから)——僕はその鼻と唇とを失ってしまった。夜中に不図《ふと》眼が醒《さ》めて、なんとなく変な気持なので、起き出したところ、僕は君の化粧台の鏡の中に、世にも醜い男の姿を発見したのだ! これ以上は、書くことを許して呉れ。

そして最後に一言祈る。君の身体の上に、僕の遭ったような危害の加えざらんことを。

[#地から1字上げ]松永哲夫《まつながてつお》」

Nanako, you must be careful. The thief who robbed the vault in the bank is a terror in the world. I think his true target may have been me. I...I am writing the truth in this note to you who I love. During the night, I truly worship your bulbous nose and pursed lips (don't laugh). I've lost that nose and lips. At midnight, I suddenly woke up and felt strange. When I got up, I discovered the ugliest man in the world in your vanity mirror! Please forgive me for writing the above.

I'll end with a prayer. I will not further harm your body and add to the injury of meeting you.

Matsunaga Tetsuo



 この手紙を読み終って、あたしは悲歎《ひたん》に暮れた。なんという非道《ひど》いことをする悪漢だろう。銀行の金を盗み、番人を殺した上に、松永の美しい顔面を惨《むご》たらしく破壊して逃げるとは!

一体、そんなことをする悪漢は、何奴《なにやつ》だろうか。手紙の中には、犯人は松永を目標とする者だと思うと、書いてあった。松永は何をしたというのだ?

「ああ、やっぱりあれ[#「あれ」に傍点]だろうか? そうかも知れない。……イヤイヤ、そんなことは無い。夫はもう、死んでいるのだ。そんなことが出来よう筈がない」

そのときあたしは、不図《ふと》床《ゆか》の上に、異様な物体を発見した。ベッドから滑り下りて、その傍へよって、よくよく見た。それは茶褐色の灰の固《かた》まりだった。灰の固まり——それは確かに見覚えのあるものだった。夫がいつも愛用した独逸製《ドイツせい》の半練り煙草の吸《す》い殻《がら》に違いなかった。

I finished reading the letter and was overcome with grief. What villain would do something so cruel? By stealing the bank's money and killing the guard, Matsunaga's pretty face escaped horrible destruction!

What kind of villain does such a thing? Matsunaga believed the criminal targeted him and wrote that in the letter. What did Matsunaga do?

"Oh, it maybe that? That may be it... no, no, it's not that. My husband is dead. That sort of thing shouldn't be possible."

Then I discovered a strange object on the floor. I slid it from under the bed and closely examined it from the side. It was a lump of dark brown ash. I clearly remembered the lump of ash. It was no different than the butt of my husband's favorite German cigarette.

 そんな吸い殻が、昨日も一昨日も掃除をしたこの部屋に、残っているというのが可笑《おか》しかった。誰か、昨夜《ゆうべ》のうちに、ここへ入って来て、煙草を吸い、その吸い殻を床の上に落としていったと考えるより外に途がなかった。そして松永が、そんな種類の煙草を吸わぬことは、きわめて明《あきら》かなことだった。

「すると、若《も》しや死んだ筈の夫が……」

あたしは急に目の前が暗くなったのを感じた。ああ、そんな恐ろしいことがあるだろうか。井戸の中へ突き墜《お》とし、大きな石塊《せっかい》を頭の上へ落としてやったのに……。

そのとき、入口の扉《ドア》についている真鍮製《しんちゅうせい》のハンドルが、独りでクルクルと廻りだした。ガチャリと鍵の音がした。

(誰だろう?)もうあたしは、立っているに堪《た》えられなかった。——扉は、静かに開く。だんだん開いて、やがて其の向うから、人の姿が現れた。それは紛《まぎ》れもなく夫の姿だった。たしかに此の手で殺した筈の、あの夫の姿だった。幽霊だろうか、それとも本物だろうか。

Strangely, that cigarette butt remained in this room that had been vacuumed yesterday and the day before yesterday. It was unimaginable someone entered this room sometime last night, smoked a cigarette, and dropped that cigarette butt on the floor. I am certain Matsunaga does not smoke that brand of cigarette.

"My husband who should be dead..."

I sensed a sudden darkness before my eyes. Could something so horrifying be happening? I shoved him down into the well and dropped a boulder on his head....

At that moment, the brass handle attached to the door at the entrance turned round and round. The sound of a key clanked.

Who was it? I couldn't bear standing there. The door quietly and slowly opened until a human figure appeared directly opposite me. Without a doubt, it was my husband. That man should have been killed by my hands. Was he a ghost? Was he the real thing?

 あたしの喉から、自然に叫び声が飛び出した。——夫の姿は、無言の儘《まま》、静かにこっちへ進んでくる。よく見ると、右手には愛蔵の古ぼけたパイプを持ち、左手には手術器械の入った大きな鞄《かばん》をぶら下げて……。あたしは、極度の恐怖に襲われた。ああ彼は、一体何をしようというのだろう?

夫は卓子《テーブル》の上へドサリと鞄を置いた。ピーンと錠《じょう》をあけると、鞄が崩れて、ピカピカする手術器械が現れた。

「なッなにをするのです?」

「……」

夫はよく光る大きなメスを取り上げた。そしてジリジリと、あたしの身体に迫ってくるのだった。メスの尖端《せんたん》が、鼻の先に伸びてきた。

「アレーッ。誰か来て下さアい!」

「イッヒッヒッヒッ」

と、夫は始めて声を出した。気持がよくてたまらないという笑いだった。

「呀《あ》ッ。——」

白いものが、夫の手から飛んで来て、あたしの鼻孔《びこう》を塞《ふさ》いだ。——きつい香《かお》りだ。と、その儘《まま》、あたしは気が遠くなった。

Naturally, a shout sprung from my throat. My husband's figure remained silent as he advanced toward me. When I looked closely, he held a treasured, timeworn pipe in his right hand, and a large bag containing surgical devices hung from his left hand... I was struck by extreme terror.

Oh, what was he going to do?

He dropped the bag with a thud onto a table. When he opened its lock with a ping, the bag collapsed to show glittering surgical devices.

"Wh...what are you going to do?"

"..."

My husband picked up a large shiny scalpel and gradually approached my body. The point of the scalpel stretched toward the tip of my nose.

"Hey, somebody help!"

"Eee, he, he, he," my husband began to chortle. He laughed like he could no longer bear it.

"Ah!"

A white substance flew from my husband's hand and plugged my nostrils. The smell was pungent, then I blacked out.

 その次、気がついてみると、あたしはベッドのある居間とは違って、真暗《まっくら》な場所に、なんだか蓆《むしろ》のような上に寝かされていた。背中が痛い。裸に引き剥かれているらしい。起きあがろうと思って、身体を動かしかけて、身体の変な調子にハッとした。

「あッ、腕が利かない!」

どうしたのかと思ってよく見ると、これは利かないのも道理、あたしの左右の腕は、肩の下からブッツリ切断されていた。腕なし女!

「ふッふッふッふッ」片隅から、厭《いや》な忍《しの》び笑いが聞えてきた。

「どうだ、身体の具合は?」

あッ、夫の声だ。ああ、それで解った。さっき気が遠くなってから、この両腕が夫の手で切断されてしまったのだ。憎んでも憎み足りない其の復讐心《ふくしゅうしん》!

When I came to, I was in a different room with a bed and sleeping on some kind of straw mat in total darkness. My back hurt. I was stripped naked. I thought about getting up. When I started to move, my body felt strange.

"Ah! My arms don't work!"

When I looked to see why, there was a reason. My left and right arms were cut off from the shoulders. I was an armless woman!

"Ha, ha, ha, ha."

I heard sadistic chuckling from a corner of the room.

"Well, how does your body feel?"

It was my husband's voice. I knew it. After I fainted, my husband cut off both my arms. There was a spirit of revenge filled with hate!

「起きたらしいが、一つ立たせてやろうか」夫はそういうなり、あたしの腋《わき》の下に、冷い両手を入れた。持ち上げられたが、腰から下がイヤに軽い。フワリと立つことが出来たが、それは胴だけの高さだった。大腿部《だいたいぶ》から[#「大腿部から」は底本では「太腿部から」]下が切断されている!

「な、なんという惨《むごた》らしいことをする悪魔! どこもかも、切っちまって……」

「切っちまっても、痛味《いたみ》は感じないようにしてあげてあるよ」

「痛みが無くても、腕も脚も切ってしまったのネ。ひどいひと[#「ひと」に傍点]! 悪魔! 畜生!」

「切ったところもあるが、殖《ふ》えているところもあるぜ。ひッひッひッ」

殖えたところ? 夫の不思議な言葉に、あたしはまた身慄《みぶる》いをした。あたしをどうするつもりだろう。

「いま見せてやる。ホラ、この鏡で、お前の顔をよく見ろ!」

パッと懐中電灯が、顔の正面から、照りつけた。そしてその前に差し出された鏡の中。——あたしは、その中に、見るべからざるものを見てしまった。

My husband said, "I thought you were awake, and would try to stand you up."

He placed his cold hands under my armpits. He lifted me, but I felt queerly light from below the hips. I could stand softly, but was only the height of my torso. My limbs below my thighs had been hacked off!

"You demon! What kind of atrocity are you committing? Where did you cut..."

"Although I cut them off, I did it so you wouldn't feel pain."

"Even without pain, you cut off my arms and legs. You're sick! A demon! Damn you!"

"There are severed places, but there are also growing places. He, he, he."

Growing places? I shook uncontrollably at my husband's mysterious words. What does he intend to do with me?

He said, "I'll show you now. Look in this mirror. Look closely at your face!"

He switched on his flashlight to illuminate my face directly from the front. In the mirror held out in front of me, in the mirror, I saw what should never be seen.

「イヤ、イヤ、イヤ、よして下さい。鏡を向うへやって……」

「ふッふッふッ。気に入ったと見えるネ。顔の真中に殖えたもう一つの鼻は、そりゃあの男のだよ。それから、鎧戸《よろいど》のようになった二重の唇は、それもあの男のだよ。みんなお前の好きなものばかりだ。お礼を云ってもらいたいものだナ、ひッひッひッ」

「どうして殺さないんです。殺された方がましだ。……サア殺して!」

「待て待て。そうムザムザ殺すわけにはゆかないよ。さア、もっと横に寝ているのだ。いま流動食を飲ませてやるぞ。これからは、三度三度、おれが手をとって食事をさせてやる」

「誰が飲むもんですか」

「飲まなきゃ、滋養浣腸《じようかんちょう》をしよう。注射でもいいが」

「ひと思いに殺して下さい」

「どうして、どうして。おれはこれから、お前を教育しなければならないのだ。さア、横になったところで、一つの楽しみを教えてやろう。そこに一つの穴が明いている。それから下を覗《のぞ》いてみるがいい」

"No, no, no. Stop please. Turn the mirror away..."

"Huh, huh, huh. I can see you're pleased. One more nose in your face is that man's. And the double lips like Venetian blinds are also that man's. They're all what you love. I'd like you to thank me. He, he, he."

"Why don't you kill me? I'm fine with that...Kill me!"

"Wait. Wait. I have no reason to easily kill. You're sleeping on your side. Now, you will drink your liquid food. From now on, three times, three times, my hands will bring your meals."

"Who will drink?"

"If you don't drink, you will have a nutrient enema. Maybe even intravenous..."

"Please kill me now."

"Why? Why? From now on, I must educate you. When you get on your side, I will teach you something enjoyable. I opened a hole there. You can peek down."

 覗き穴——と聞いて、あたしは頭で、それを急いで探した。ああ、有った、有った。腕時計ほどの穴だ。身体を芋虫のようにくねらせて、その穴に眼をつけた。下には卓子《テーブル》などが見える。夫の研究室なのだ。

「なにか見えるかい」

云われてあたしは小さい穴を、いろいろな角度から覗いてみた。

あった、あった。夫の見ろというものが。椅子の一つに縛りつけられている化物のような顔を持った男の姿! 着ているものを一見して、それと判る人の姿——ああ、なんと変わり果てた松永青年! あたしの胸にはムラムラと反抗心が湧きあがった。

「あたしは、あなたの計画を遂げさせません。もうこの穴から、下を覗きませんよ。下を見ないでいれば、あなたの計画は半分以上、効果を失ってしまいます」

「はッはッはッ、莫迦《ばか》な女よ」と、夫は、暗がりの中で笑った。「おれの計画しているものはそんなことじゃない。見ようと見まいと、そのうちにハッキリ、お前はそれを感じることだろう!」

「では、あたしに何を感じさせようというのです」

「それは、妻というものの道だ、妻というものの運命だ! よく考えて置けッ」

夫はそういうと、コトンコトンと跫音をさせながら、この天井裏を出ていった。

それから天井裏の、奇妙な生活が始まった。あたしは、メリケン粉袋《こぶくろ》のような身体を同じところに横《よこた》えたまま、ただ夫がするのを待つより外なかった。三度三度の食事は、約束どおり夫が持って来て、口の中に入れてくれた。あたしは、両手のないのを幸福と思うようになった。手がないばかりに、鼻が二つあり、おまけに唇が四枚もある醜怪な自分の顔を触らずに済んだ。

用を達すのにも困ると思ったが、それは医学にたけた夫が極めて始末のよいものを考えて呉れたようだった。その代り、或る日、注射針を咽喉のあたりに刺《さ》し透《とお》されたと思ったら、それっきり大きな声が出なくなった。前とは似ても似つかぬ皺《しわ》がれた声が、ほんの申し訳に、喉の奥から出るというに過ぎなかった。なにをされても、俘囚《ふしゅう》の身には反抗すべき手段がなかった。

鼻と唇とを殺《そ》がれた松永は、それから後どうなったか、気のついたときには、例の天井の穴からは見えなくなった。見えるのは、相変らず気味の悪い屍体や、バラバラの手足や、壜漬《びんづ》けになった臓器の中に埋《うず》もれて、なにかしらせっせ[#「せっせ」に傍点]とメスを動かしている夫の仕事振りだった。その仕事振りを、毎日朝から夜まで、あたしは天井裏から、眺めて暮した。

When I heard about the peephole, I quickly searched for it with my head. Aah, it was there. Right there. It was a hole like a wristwatch. I wriggled my body like a caterpillar and put my eye to the hole. I could see a table and chairs below. It was my husband's lab.

"What can I see?"

I peered through the small hole from various angles.

There. He's there. I saw my husband. A male figure having a face like a monster was tied to one chair! I glanced at what he was wearing. I knew that human figure. Oh, it was young Matsunaga, a wreck of his former self! A spirit of resistance boiled up in my chest.

"I will not go along with your plan. I will not look down this hole again. If I don't see what is down there, your plan will lose more than half its effect."

"Ha, ha, ha. You're a stupid woman," said my husband and laughed darkly, "That is not my plan. Look or don't look, you will clearly feel it!"

"What will you make me feel?"

"That is your path. That is your fate! Think carefully."

As my husband spoke, I heard the sounds of heavy footsteps, and he came out of the attic.

From then on, my bizarre life in the attic began. My body was placed like a sack of flour. I could do nothing but wait for my husband to act. As promised, he came to put food in my mouth three times a day. I came to believe that I was happy not to have hands. Without hands, I did not touch my hideous face with two noses and four lips.

I thought going to the bathroom would be a problem, but my husband with his great knowledge of medicine invented a fine utensil. However, one day, I thought he gave me stabbed me near my throat, then I could no longer yell. Although my voice sounded like it did before, it was raspy and did not leave the interior of my throat. No matter what I did, I had no way to resist my captivity.

I realized I could no longer look through the hole in the ceiling to see what happened to Matsunaga, who lost his nose and lips. I saw the same macabre cadavers buried under severed arms and legs, bottled organs, and anything coming from the diligent work of my husband wielding a scalpel. That work lasted from morning to night everyday. I watched from the attic.

「なんて、熱心な研究家だろう!」 不図《ふと》、そんなことを思ってみて、後で慌てて取り消した。そろそろ夫の術中に入りかけたと気が付いたからである。「妻の道、妻の運命」——と夫は云ったが、なにをあたしに知らしめようというのだろう。

しかし遂《つい》に、そのことがハッキリあたしに判る日がやって来た。 それから十日も経った或る日、もう暁の微光《びこう》が、窓からさしこんで来ようという夜明け頃だった。警官を交《まじ》えた一隊の検察係員が、風の如く、真下《ました》の部屋に忍びこんで来た。あたしは、刑事たちが、盛んに家探《やさが》しをしているのを認めた。解剖室からすこし離れたところに、麻雀卓《マージャンたく》をすこし高くしたようなものがあって、その上に寒餅《かんもち》を漬《つ》けるのに良さそうな壺《つぼ》が載せてあった。

「こんなものがある!」

「なんだろう。……オッ、明かないぞ」

捜査隊員はその壺を見つけて、グルリと取巻いた。床の上に下ろして、開けようとするが、見掛けによらず、蓋がきつく閉まっていて、なかなか開かない。

「そんな壺なんか、後廻しにし給え」と部長らしいのが云った。刑事たちは、その言葉を聞いて、また四方《しほう》に散った。壺は床の上に抛《ほう》り出されたままだった。

「どうも見つからん。これア犯人は逃げたのですぜ」

彼等はたしかにあたしたち夫婦を探しているものらしい。あたしは何とかして、此処《ここ》にいることを知らせたかったが、重い鎖につながれた俘囚は天井裏の鼠ほどの音も出すことが出来なかった。そのうちに一行は見る見るうちに室を出ていって、あとはヒッソリ閑《かん》として機会は逃げてしまったのだ。

それにしても、夫は何処に行ったのだろう。

"What an eager researcher!" I suddenly thought and hurriedly took it back. I realized my husband was about to operate.

"My wife's way, and my wife's fate," my husband said. He seemed to be signaling something to me.

However, the day came when it all finally became clear to me. One day after ten days passed, it was around daybreak when a glimmer of light was already shining through the window. Like the wind, an investigator in the squad mixed with police officers snuck into the room directly below. I realized the police were conducting a house search. A mahjong table was set a little high slightly away from the dissection room. A jar containing preserved but delicious-looking mochi dumplings made during the winter was placed on the table.

"Look at this!"

"What is it? Ah, I'm not sure."

An investigator stared at the jar and turned it round and round. He put it on the floor and tried to open it. Despite its appearance, the lid was tightly sealed shut and was not opened.

"What kind of jar is this? Try later," said what looked like the leader. The police heard him and scattered in all directions. They left the jar on the table.

"There's no one here. These criminals got away."

They seemed to be searching for my husband and me. I wanted to signal them of my presence, but as a prisoner shackled with heavy chains, I couldn't even make the sound of a mouse in the attic. The group left the room as I watched. Later, it fell quiet. I had missed my chance.

But where did my husband go?

「オヤ、なんだろう?」あたしはそのとき、下の部屋に、なにか物の蠢《うごめ》く気配を感じた。

と、いきなりカタカタと、揺《ゆ》れだしたものがあった。

「あッ。壺だ!」

卓子《テーブル》の上から、床の上に下ろされた壺が、まるで中に生きものが入っているかのように、さも焦《じ》れったそうに揺れている。何か、入っているのだろうか。入っているとすると、猫か、小犬か、それとも椰子蟹《やしがに》ででもあろうか。いよいよこの家は、化物屋敷になったと思い、カタカタ揺り動く壺を、楽しく眺め暮した。なにしろ、それは近頃にない珍らしい活動玩具《かつどうおもちゃ》だったから。その日も暮れて、また次の日になった。壺は少し勢《いきおい》を減《げん》じたと思われたが、それでも昨日と同じ様に、ときどきカタカタと滑稽《こっけい》な身振《みぶり》で揺らいだ。

"Hey, what could he be doing?"

At that time, I felt uneasy about the room below. Some object suddenly began shaking and rattling.

"Ah, the jar!"

The jar fell from the table onto the floor. Is there a living creature in the jar? Is it shaking out from a struggle? What is inside? Could it be a cat, a small dog, or a coconut crab? I thought, finally, this house has become a haunted house. I happily watched the rattling jar. Maybe, it was some sort of moving toy that is not so amazing these days. That day ended, and the next one came. I thought the jar was a little less active. However, the same as yesterday, from time to time, it rattled once in a while in comical movements.

 夫はもう帰って来そうなものと思われるのに、どうしたものか、なかなか姿を見せなかった。あたしはお腹《なか》が空いて、たまらなくなった。もう自分の身体のことも気にならなくなった。ただ一杯のスープに、あたしの焦燥《しょうそう》が集った。

 四日目、五日目。あたしはもう頭をあげる力もない。壺はもう全く動かない。そうして遂に七日目が来た。時間のことは判らないが、不図《ふと》下の部屋がカタカタする音に気がついて例の覗《のぞ》き穴から見下ろすと、この前に来たように一隊の警官隊が集っていた。その中でこの前に見かけなかったような一人のキビキビした背広の男が一同の前になにか云っていた。

「……博士は、絶対に、この部屋から出ていません。私はこの前に一緒に来ればよかったと思います。多分もう手遅れになったような気がします。あの××銀行の、入口の厳重に閉った金庫室へ忍びこんだのもたしかに博士だったのです。そういうと変に思われるでしょうが、実は博士は僅か十五センチの直径の送風パイプの中から、あの部屋に侵入したのです」

「それア理窟に合わないよ、帆村《ほむら》君」と部長らしいのが横合から叫んだ。 「あの大きな博士の身体が、あんな細いパイプの中に入るなどと考えるのは、滑稽すぎて言葉がない」

「ではいまその滑稽をお取消し願うために、博士の身体を皆さんの前にお目にかけましょう」

「ナニ博士の在所《ありか》が判っているのか。一体どこに居るのだ」

「この中ですよ」

Although I thought my husband already returned, I had not seen him. I was so hungry and couldn't stand it. He had already forgotten about my body. My impatience grew for just one cup of soup.

Four days, then five days passed. I lost the strength to raise my head. The jar already stopped moving. Finally, the seventh day came. I don't know what time it was, but I noticed the rattling sound from the room below. When I peeked down through the hole, the squad of policemen had gathered as before. An energetic, tall man I hadn't seen previously was speaking to the group.

"…the professor absolutely will not leave this room. I thought it was advisable to come together. I feel he may be delayed. It was definitely the professor who snuck into the sealed door of vault in that bank. I thought that was strange, but, in fact, the professor invaded that room through a ventilation pipe having a diameter of just fifteen centimeters."

"I disagree with your logic, Homura," shouted a man, who looked like the squad leader, from the side, "It's ludicrous to say that the body of that big professor entered that narrow pipe."

"I hope you will take back your belief that it's ridiculous, but the professor's body is right in front of your eyes."

"Do you know where the professor is? Where on earth is he?"

"Inside this."

 帆村は腰を曲げて、足許の壺《つぼ》を指《ゆびさ》した。警官たちは、あまりの馬鹿馬鹿しさに、ドッと声をあげて笑った。

 帆村は別に怒りもせず、壺に手をかけて、逆にしたり、蓋をいじったりしていたが、やがて、恭々《うやうや》しく壺に一礼をすると、手にしていた大きいハンマーで、ポカリと壺の胴中《どうなか》を叩き割った。中からは黄色い枕のようなものがゴロリと転《ころが》り出た。

「これが我が国外科の最高権威、室戸博士の餓死屍体《がししたい》です!」

 あまりのことに、人々は思わず顔を背《そむ》けた。なんという人体だ。顔は一方から殺《そ》いだようになり、肩には僅かに骨の一部が隆起《りゅうき》し、胸は左半分だけ、腹は臍《へそ》の上あたりで切れている。手も足も全く見えない。人形の壊《こわ》れたのにも、こんなにまで無惨《むざん》な姿をしたものは無いだろう。

「みなさん。これは博士の論文にある人間の最小整理形体《さいしょうせいりけいたい》です。つまり二つある肺は一つにし、胃袋は取り去って腸《ちょう》に接ぐという風に、極度の肉体整理を行ったものです。こうすれば、頭脳は普通の人間の二十倍もの働きをすることになるそうで、博士はその研究を自らの肉体に試《こころ》みられたのです」

 人々は唖然《あぜん》として、帆村の話に聞き入った。

Homura bent down and pointed at the jar at his feet. The policemen's laughter burst out at that insanity.

Homura wasn't particularly angered and picked up the jar, turned it over, and started fiddling with the lid. Finally, he bowed respectfully to the jar and then hit its body with the large hammer to break it open. A yellow, pillow-like subsance rolled out of the jar.

"This is the corpse of Professor Muroto, the most esteemed surgeon in our nation!"

All those present averted their eyes from shock. What kind of human body was it? His face seemed sliced off from one side. A small piece of bone protruded at the shoulder. There was only the left half of the chest. The stomach had been cut above the navel. They saw no hands or feet. Not even a broken doll would have take on this miserable form.

"You see this is the minimal rearrangement body, the professor's thesis. In other words, the extreme body rearrangement has two lungs become one, and the stomach removed and joined to the intestine. If this is done, the brain works twenty times better than that of a normal human. The professor tested his research on his own body."

The stunned group listened to Homura.

「この壺は博士のベッドだったんです。その整理形体に最も適したベッドだったんです。ところで、こんな身体で、どうして博士は往来を闊歩《かっぽ》されたか。いまその手足をごらんに入れましょう」

 帆村は立って、壺の載っていた卓子《テーブル》の上に行った。そして台の中央部をしきりに探していたが、やがて指をもって上からグッと押した。するとギーッという物音がすると思うと、卓子の中からニョキリと二本の腕と二本の脚が飛び出した。それは空間に、博士の両腕と両脚とを形づくってみせた。

「ごらんなさい。あの壺の蓋が明いて、博士の身体がバネ仕掛《じか》けで、この辺の高さまで飛び出して来たとすると、電磁石の働きで、この人造手足がピタリと嵌《はま》るのです。しかしこの動作は、博士が壺の底に明いている穴から、卓子《テーブル》の上の隠し釦《ボタン》を押さねばなりません。押さなければ、この壺の蓋も明きません。博士が餓死をされたのは、睡っているうちにこの壺が卓子《テーブル》の上から下ろされた結果です」

 一座は苦しそうに揺《ゆら》いだ。

「しかし博士は、何かの原因で精神が錯乱せられた。そしてあの兇行《きょうこう》を演じたのです。小さいパイプの中を抜けることは、その手足を一時バラバラに外し、一旦向う側へ抜けた上、また元のように組立てれば、苦もなく出来ることです。それを考えないと、あの金庫の部屋に忍びこんだことが信ぜられない。これで私の説が滑稽でないことがお判りでしょう」

 やがて帆村は一同を促《うなが》して退場をすすめた。

「あの夫人はどうしたろう?」

 と部長が、あたしのことを思い出した。

「魚子夫人はアルプスの山中《さんちゅう》に締《し》め殺してあると博士の日記に出ています。さあ、これからアルプスへ急ぐのです」

 人々はゾロゾロと室を出ていった。

「待って!」

 あたしは力一杯に叫んだ。しかしその声は彼等の耳に達しなかった。ああ、馬鹿、馬鹿! 帆村探偵のお馬鹿さん! ここにあたしが繋《つな》がれているのが判らないのかい。夫は、あの井戸の蓋の穴から逃げ出したのだ。呪《のろ》いの大石塊《だいせっかい》は、彼に命中しなかったのだ。ああ今は、あたしには餓死だけが待っている。お馬鹿さんが引返して来る頃には、あたしはもう此の世のものじゃ無い。夫が死ねば、妻もまた自然に死ぬ! 夫の放言《ほうげん》が今死に臨《のぞ》んで、始めて合点《がてん》がいった。夫はいつか、こんなことの起るのを予期《よき》していたのか知れない。あたしもここで、潔《いさぎよ》く死を祝福しましょう!

"This jar was on the professor's bed. That bed was the most fitting for the rearranged body shape. However, in this body, how did the professor strut about the streets? Let's have look at those hands and feet."

Homura stood and went to the table where the jar was placed. Then he keenly searched the center part of the table, but finally pushed the table from the bottom with his finger. He thought he heard a squealing noise, then two arms and two legs flew out from inside the table. Both the professor's arms and legs seemed to form in mid-air.

"Look. When the lid of that jar is opened, the professor's body shoots out by a spring action. When the limbs fly out to about this height, the artificial hands and feet tightly engage by the action of electromagnets. However, for this action, the professor must push a button hidden on the table from a hole opened at the bottom of the jar. If it's not pushed, the lid doesn't open. The professor starved to death because the jar was vertical, but was taken off the tabletop."

The group trembled in distress.

"However, the professor's mind was deranged for some reason. He committed that crime. When the inside of the small pipe is removed, those hands and feet are temporarily detached here and there, and left behind, but can be easily assembled to his original form. If I couldn't consider that, I couldn't believe he snuck into the vault. So you should understand that there's nothing funny about my opinion."

Homura prompted the group to leave the site.

"What happened to his wife?" asked the squad leader remembering me.

"The professor wrote in his diary that he strangled his wife Nanako in the Alps. We will now hurry to the Alps."

Everyone began to rush out.

"Wait!"

I screamed with all my might. However, my voice didn't reach their ears. Oh, damn, damn idiot! You fool Detective Homura! Don't you understand that I'm chained here? My husband escaped through a hole in the well cover. That cursed boulder did not hit him. Now, I can only wait and starve to death. When the fool detective returns, I will no longer be in this world. If the husband dies, naturally, the wife dies, too! My husband's slip of the tongue meant he understood and saw my future death. I wonder when he expected this to happen. I am here and will be blessed with a brave death!

終わり

The End

  • 俘囚
  • 著者名: 海野十三
  • 入力:田浦亜矢子
  • 校正:もりみつじゅんじ
  • 翻訳者:シェリー・マーシャル
  • The Captive (in Japanese)
  • Author: Juza Unno
  • Input by: Taura Ayako
  • Revised by: Morimitsu Junji
  • Translated by: Shelley Marshall
© 2018 Shelley Marshall